発達障害

【発達障害改善】ふじかわメソッドを6カ月続けた効果と感想【メガビタミンとプロテイン】

こんにちは、白雪姫です。

発達障害を改善させると言われている「プロテイン」と「鉄分」と「ビタミン」の摂取、いわゆる「ふじかわメソッド」。

発達障害である我が子に「ふじかわメソッド」を実践して半年が経過しました。

うちの子どもはまだ幼稚園児なので錠剤のサプリが飲めないため、メガビタミンとは言えない量ですが、一応毎日せっせと摂取してもらっています。

そんなわけで、

 

本文では、

ふじかわメソッドを6ヶ月続けた効果と感想

についてまとめています。

 

ちなみに私のプロフィールはこちら。

  • 子どもが2歳のときに発達障害と診断される
  • 現在は幼稚園に通いつつ、月に2回の作業療法(OT)と療育
  • ネットで藤川徳美医師のことを知る
  • ふじかわクリニックに診察に行きメソッドを開始
  • プロテインは1日10g × 2〜3回
  • 鉄分とビタミン各種はグミサプリで摂取

 

子どもにプロテイン、鉄、各種ビタミンの摂取を続けるとどうなるのか?

身体に害はないのか?

などについてありのままを書いていきますので、「子どもの発達障害を改善したけどメガビタミンやプロテインを与えるのは不安・・・」

という方にとってわりと参考になると思いますので、ぜひ記事の最後までお付き合いください。

そもそも、ふじかわメソッドとは?

ふじかわメソッドとは、発達障害を治すためにタンパク質・鉄分・ビタミンを十分に摂取する改善法です。

発達障害は生まれ持った脳神経や伝達経路の障害であるため、「治るものではない」とこれまで考えられていました。

それに対し、十分量(食事だけでは足りていない)のタンパク質・鉄分・ビタミンをプロテインやサプリメントで摂取することで、発達障害が改善されたケースが最近では多く報告されているんです。

白雪姫
白雪姫
子どもの発達障害に悩む親御さんからすると、まさに革命的な方法ですよね!

 

ふじかわメソッドについて詳しく知りたい方は、まずは藤川徳美医師の著書を読んでみてください。

 

ちなみに、個人差があるとは思いますが、ふじかわメソッドを始めたからといって数ヶ月で劇的な変化が起きるわけではありません。

ほんの少しずつ、改善が見られるといった感じなので、ぶっちゃけ大変です。

でも改善を感じられると嬉しい!めちゃくちゃ嬉しい!

ふじかわメソッドを行って、半年間でどのように改善したか「リアルの声」を書いてみます。

スポンサーリンク




ふじかわメソッド実践方法

発達障害だけでなく、さまざまな病気は「質的栄養失調のために起こる」と言われています。

そして、その「質的栄養失調」を改善するのが「ふじかわメソッド」です。

詳しいことは藤川医師の著書を読んでいただきたいのですが、「本をわざわざ読むのめんどくさいよ・・・」という方のために、ザックリとですが実践方法を解説します。

白雪姫
白雪姫
ふじかわメソッドについてはもう知ってるよ!って方は読み飛ばしてください!

①:プロテインを飲む

ふじかわメソッドの一番の要(かなめ)はこれ!

人間の体は水分を除くと大半がタンパク質でできています。

つまり、人間が健康に生きていく上でタンパク質は最重要ということが言えます。

 

生命はアミノ酸からタンパク質を作っては壊しを繰り返しています。
生命とはタンパク質の動的平衡です。
タンパク不足があればその動的平衡が崩れており、万病の元になっています。
DNAには生命を維持するためのタンパク質の作り方が書いてあります。
つまり、タンパク質が十分量あればDNAが勝手に病気を治してくれるという話になります。
藤川徳美医師のブログより引用

 

藤川徳美医師は「普通の食事をしている人は全員タンパク質不足」と言われており、だからこそ不足分を解消するにはプロテインが必須というわけです。

ちなみにこれは私の完全な予想ですが、

 

発達障害の人は通常の人よりもタンパク質を多く必要とする人

 

上記ではないのかなと思っています。

ただでさえ誰もがタンパク質が不足している状態なのに、発達障害の人はより多くのタンパク質を必要とする体質。

だからこそ「酷い枯渇状態」となって、発達障害になっているのではないでしょうか。

②:鉄分を飲んでフェリチン100以上を目指す

詳しいことは藤川徳美医師の「薬に頼らず子どもの多動・学習障害をなくす方法」を読んでいただくとして、ここでは鉄の重要性をおおまかに解説します。

まず、「鉄不足=フェリチンという数値が低い」ということ。
フェリチンが50以下になると電子伝達系機能低下を生じ、ATP不足になる。

 

ATPとは簡単に言うと「エネルギーの貯金」のようなもので、当然、ATPが不足すると身体が不調になります。

 

このATPの生産に欠かせないのが鉄分なので、鉄はしっかりと摂取する必要があります。

③:ナイアシンアミドを摂取する

「ナイアシンアミドはADHDの特効薬」

このように藤川徳美医師はブログや著書で発信しています。

なので、うちの子のように、

 

  • ジッとしていられない
  • 学校での集団生活が苦手

 

上記のような事で悩んでおられる方は、ナイアシンアミドを1日500 × 3回を目安に摂取するのが望ましいとのこと。

ちなみに、ナイアシンアミドは苦味が強いので、カプセルのまま飲めない場合は苦味のないノーフラッシュナイアシンがオススメです。

白雪姫
白雪姫
オススメのノーフラッシュナイアシンについては以下の記事内で紹介しているよ!

④:ビタミンC、B、Eを摂取する

ビタミンC、B、Eは鉄と合わせて通称「ATPセット」と呼ばれます。

先ほどATP(エネルギーの貯金)をたくさん生産することが発達障害を改善する上で重要だと言いましたが、そのATPを生産するために必要なのが各種ビタミンです。

ちなみに各種ビタミンは、下記のような効果があると言われています。

 

ビタミンC ストレス性疾患の予防
ビタミンB 脳細胞の活動に必須
ビタミンE 抗酸化作用がビタミンCとBの効果を上げる

 

「子どもの発達障害を改善させるにはまずは親から」と藤川医師はアドバイスをされているので、私もプロテインや鉄、ビタミン各種を摂取しているのですが効果は絶大です!

その効果はと言うと、特別運動やダイエットしてるわけではないのに、人間ドックの血液検査の数値が明らかに良くなりました!

なので、発達障害のお子さんを改善されたい方はぜひご自身もプロテインやビタミンの摂取を行ってみてください。

シンプルに健康になれますよ!

白雪姫
白雪姫
ちなみに、ビタミンにより人間ドックの数値が良くなった話は以下の記事で詳しく紹介しています。

我が子が「ふじかわメソッド」を6ヶ月続けた効果

ふじかわメソッドの概要や方法は分かったけど、ぶっちゃけ効果はあるの?

皆さん、疑問に思うところですよね。

私が個人的に感じた効果をお話します。

①:視線が合うようになった

ビックリしました!

名前を呼んでも振り向かない、話をしていてもこちらの顔をなかなか見れなかったのが、視線が合うようになりました。

もちろんまだ完璧ではないですが、家族や祖父母が相手だとちゃんと視線を合わせて話をしています。

幼稚園の先生や普段あまり会うことのない相手だとまだまだ視線が合わないことが多いですが、ふじかわメソッドを開始して明らかに改善が感じられています。

このまま続けたらいつか完璧に視線が合うようになるかもしれない。

そのように期待してこれからも続けていきたいと思います。

②:指示が通ることが増えた

「お片付けして!」

「歯磨きしに行こう!」

以前はこのような声かけをした時に泣き叫んで拒否したりすることが多かったのですが・・・

しかし今では「お片付けしなきゃっ!」と一回の指示で言うことを理解し、実行できることが増えてきました。

これって私の中ではかなりありがたいことなんです!

指示が通るまで何度も言わなくてもいいし、こちらが怒らなくても済むので、親の精神的なストレスも減ってきています。

③:多動が少しずつ減ってきている

幼稚園の運動会ですが、年少のときも年中のときも突然観覧席である私たちのところに途中にも関わらずダッシュでやって来てました。何度も。

でも年長である今年は、ずっとみんなの列の中で頑張ってやっていました。

事前に「運動会でパパやママのところに途中で来ちゃダメだよ!」と何度も言ったことが守れていました。

ほかにも運動会では、

 

  • かけっこで初めて1位になった
  • 組体操も頑張ってこなしてた

 

上記のように、結果もついてくるようになりました。

まだ食事中の離席は目立ちますが、少しずつ、子どもなりに成長、そして改善してきているのだと思います。

スポンサーリンク




まとめ

  1. 視線が合うようになった
  2. 指示が通ることが増えた
  3. 多動が少しずつ減ってきている

 

ふじかわメソッドを6ヶ月続けた効果と感想についてまとめました。

プロテイン・鉄分・各種ビタミンはけっこうお金がかかるので、ふじかわメソッドは経済的には家計を圧迫するかもしれません。

でも、少しずつですが子どもの発達障害の改善に役立っているのは間違いないと思うので、まさに希望の治療法だと思います。

運動会で多動を抑えられなかった子どもが、こんなに頑張れるなんて。

祖父母は会うたびに「すごくお利口さんになっている」と驚いていました。

ふじかわメソッドは、薬などで強制的に押さえつける類(たぐい)の改善ではありません。

栄養療法なので、身体に無理なくできる「発達障害の治療法」です。

 

しかし、繰り返しになりますが、ふじかわメソッドは長期的に実践しなければいけません。

1〜2ヶ月で劇的に良くなるなんてことはおそらくありません。

発達障害を改善させるために、経済的にしんどい時、親の精神的負担が多い時には、無理をしないことが大切だと思います。

プロテイン今日は1回しか飲んでくれてないけどいいか、という気持ちでラフに考えてみてください。

あなたのペースで続ければ必ず、

 

出来ることが増える → 褒められる →本人が喜ぶ

 

上記の好循環が生まれます。

うちもまだまだ完治には程遠いですが、これからもふじかわメソッドを続け、子どもが出来るようになることが増え、笑顔を見せてくれる毎日を楽しみたいと思います。

というわけで今回は以上になります。

記事の最後になりましたが、藤川徳美医師も推奨しているiHerbで買えるオススメのサプリと、紹介コードを使って5%割引して購入する方法を紹介して終わりたいと思います。

【藤川徳美医師推奨】サプリを最安値で購入する方法とは

プロテイン、鉄、ビタミンと、お金がかかるので大変。

できるだけ安くサプリメントを購入したい。

ふじかわメソッドを続けるためには、サプリやプロテインを安く購入することが一番の方法です。

プロテインや各種ビタミンをドラッグストアで揃えると、1万円近くかかってしまいます。

毎月かかるとなると、しんどい金額ですよね。

楽天やamazonよりも安くサプリを買えたらいいのに・・・と思ったことはありませんか?

当然ですが、あなた以外のふじかわメソッドの実践を考えている人も同じことを思っています。

【藤川徳美医師推奨】最安値でサプリを購入する方法とは

最安値でビタミンやノーフラッシュナイアシンなどを買うには、サプリ通販大手のiHerb(アイハーブ)を利用すること。

ふじかわクリニックで診察を行う人のほぼ100%の方が利用しているのがiHerb(アイハーブ)というサイト。

そもそもamazonや楽天といったネットショッピングサイトよりも圧倒的に価格が安いので、iHerbで買わない理由がありません。

iHerbが人気な3つの理由

  1. 他のネットショッピングよりも安い
  2. 誰でも紹介コード(クーポン)を利用して5%オフで購入できる
  3. 藤川徳美医師もiHerbでの購入を推奨している

 

上記の通りでして、サプリ通販サイトとして知名度が高く安心して購入することが出来るからです。

私もすでに10回くらい購入していますが、商品が届かなかったことは一度もありません。

藤川徳美医師が著書の中でも紹介しているのも安心・人気の理由の1つですね。

紹介コード(クーポン)を使うと誰でも5%オフで購入できる

AZK3625というクーポンコードを注文時に入力すると5%OFFになるのでぜひお使いくださいね。

はじめて買い物する人はもちろん、リピーターの人でも5%OFFになります。

ちなみに、iHerb(アイハーブ)では20ドル以上の注文で送料が無料になります。

 

どこよりも安くサプリメントを購入したいのであれば、忘れないうちにこのAZK3625という紹介コードを利用し、お得にお買い物してください。

紹介コードのキャンペーンはいつ終了するか分かりません。

5%オフでお得に購入できる今がチャンスです。

ぜひ、この機会にiHerbで購入してみてくださいね。

 

知らなきゃ損する!コンタクトを一番安く買える方法はこれだ

この方法を実践するだけで車が60万円も安く買える!

ROLAND御用達ブランド!今一番トレンドの香水はこれ!