面接

公務員試験の面接で落ちる人に共通するのは「分析力の欠如」である話

公務員試験の筆記試験は合格できるんだけど、面接試験となると毎回落とされてしまう。

自分ではちゃんと対策してるつもりなのに、なんで自分だけ毎回落とされるんだろう・・・

このような疑問や悩みにお答えします。

 

本文では、

  • 公務員試験を突破するために分析力が大事なわけ
  • 分析すべき5つのこと
  • どうしても面接に合格したい方へ

について解説しています。

 

面接で重要なのは、「コミュニケーション能力」「社会人としてのマナー」「清潔感」などとよく言われますが、実は多くの方があまり意識していないことがあるんです。

それは「分析力」です。

本記事を読めば分析力についてと、何を分析して面接に臨めばいいかについてが分かります。

面接で辛い思いをしている方にはわりと参考になると思いますので、ぜひ記事の最後までお付き合いください。

公務員試験を突破するために分析力が大事なわけ


公務員志望者の多くが、試験本番までに「筆記試験の勉強」と「面接対策」を行うと思います。

筆記試験の場合、

 

  • 何の科目が何問ずつ出題されるか
  • 毎年どんな内容の問題が出ているか

 

上記について事前に調べますよね。

調べた結果、「公務員試験の勉強はまずは出題数の多い数的処理からやるのがどうやらセオリーらしい」という情報を得て、まずは数的処理から始めるはずです。

次に面接対策では、志望動機など質問されるであろうことに対して、自分なりの回答を練ってあらかじめ準備しているかと思われます。

実はこれこそが立派な「分析」なんです。

 

何が出題されるか、何を聞かれるかを分析して、しっかり準備すること。

そしてその準備がしっかり出来ていれば、あなたは「分析力が高い人」ということになります。

公務員試験は勉強しなければならない科目が多いですし、受験者みんなが安定・安泰を手に入れたいと躍起になっているので競争も激しい試験です。

したがって、公務員試験はいかに周りよりも効率良く学習し、有益な情報をより多く集めるかの「情報戦」であり、「分析力」がモノを言う試験といわれています。

スポンサーリンク




面接合格へ!分析するべき5つの事

面接試験に合格するために、分析すべきことは次の通りです。

  1. 自己分析
  2. ビジネスマナーの分析
  3. 間の取り方の分析
  4. コミュニケーションの分析
  5. 自治体(職種)の分析

①:自己分析

当ブログでも度々記事にしていますが、公務員試験の面接の準備で最も重要なのは「自己分析」です。

 

というのも、面接で必ずといっていいほど聞かれる質問が「あなたの長所と短所」なのですが、あなたは面接官に「なるほど!」と納得させるくらい上手に自分の長所と短所を話せますか?

受験者がよく言いがちな「リーダーシップがあります」といったようなありきたりの回答ではなく、あなたの強みを説明するのって実はすごく難しいんです。

 

また、面接官に悪い印象を与えないように短所を説明するのも難易度が高いんです。

バカ正直に「時間にルーズなところです」なんて言うと、「だらしない人なんだな」という烙印を押されて、高い確率で不合格になってしまいます。

このように「自己分析」は奥が深いんです。

狼くん
狼くん
なんか自己分析できそうにないんだけど・・・
赤ずきん
赤ずきん
不安に思う必要はないよ!実は簡単に自己分析する方法があるんだ!

 

自己分析を無料で簡単に行う方法

繰り返しになりますが、面接試験で必ず聞かれるのが「長所と短所」と「志望動機」です。

ここで注意してほしいのが、面接で落とされる人の大半が「長所と短所」と「志望動機」について面接官から掘り下げられて適切な返しが出来なかったという事実があります。

なので、質問を掘り下げられて困らないためにも、面接本番までに自分の性格(長所と短所)についてはしっかりと把握しておきましょう。

狼くん
狼くん
自分の性格を掘り下げて把握するってどうしたらいいの?

 

結論から言いますと、グッドポイント診断をしておきましょう。

グッドポイント診断とは、リクナビNEXTが無料で提供している自己診断ツールでして、簡単な質問に答えていくだけで、あなたが自分でも気づいていなかった性格を言い当ててくれます。

自己分析で有名なのはストレングスファインダーですが、唯一の弱点がありまして、それは有料であること。

一方、グッドポイント診断なら誰でも無料で出来ますし、その診断結果はとても無料とは思えないほどの充実ぶりなんです。

 

公務員試験の面接で、面接官が長所を聞く意図は「あなたの分析力」を図ること。

「分析が出来ていない=自分のことが見えていない」ということなので、そういう人は控えめにいって公務員には向いていないですよね。

また診断結果で得た長所は、志望動機と絡めて話すことで「受験する自治体で働きたい熱意」に根拠を持たらすことができます。

以上のことからも、公務員試験において長所を把握しておくことは大変重要ですので、面接で落とされたくないならグッドポイント診断だけは絶対にしておきましょう。

▶︎自分の強みを把握しておきたいなら、グッドポイント診断をしておきましょう

▶︎無料で出来るグッドポイント診断はこちらから

②:ビジネスマナーの分析

面接で最低限必要なスキルは「ビジネスマナー」です。

 

言うまでもありませんが、清潔な身なりをしていない人は面接で落とされます。

また、声が小さかったり、ハキハキと喋らない人というのはそれだけで頼りなく感じます。

そのため質問を受けた時にオドオドしていると、面接官からの印象は当然ながら悪くなってしまいます。

 

「社会人として頼りない」と思われ、一緒に働く未来を想像してもらえなくなってしまいます。

そのような状況を避けるためにも、まずは大きな声でハキハキと笑顔で話しましょう。

大きな声でハッキリと話すだけで、自信が溢れて頼りになる印象を与えることが出来ます。

そして最低限の清潔感や言葉使いには十分に注意しましょう。

 

この時に注意したいのが、ついつい素が出すぎることです。

飾り気のないあなたを前面に押し出すのは良いことですが、勢いあまって敬語を忘れたりというのはよくある失敗なんです。

敬語を使いつつも、しっかりと面接官と会話のキャッチボールで盛り上げることを意識しましょう。

③:間の取り方の分析

コミュニケーション能力を向上させたい人は、まずはあなたの周りで話の上手い人と下手な人をそれぞれ分析してみましょう。

結論から言いますと話の上手い、いわゆるコミュ力の高い人というのは総じて「間(ま)」の取り方が上手い傾向にあります。

 

集団面接でよく見られる光景なんですが、間髪入れずに喋りまくる人っていますよね?

よくしゃべるのって面接では良いことだと勘違いしている人もいますが、あれって最悪なんです。

というのも面接というのはコミュニケーション、言わば会話のキャッチボールが大事なので、ただ一方的に話をしたのでは「独りよがり」とか「自己中心的」といったマイナスのイメージを与えてしまします。

会話が上手な人というのは、相手が話しやすいように間を作ってあげることを自然に行っています。

 

あなたは話をしていて会話が被ってしまった経験ってないですか?

あれってお互いの会話の呼吸が合わなくて起こるのですが、コミュニケーションの上手な人は自分の話の終わりを相手に分かるように話を終えます。

そして、その後に相手が話し始めやすいように「スペース」を作るのが上手だったりします。

売れてる芸人さんは滅多に会話がかぶることってないですよね?

一方売れてない芸人やアイドルなんかは、みんなが前へ前へ出ようとしてトークの渋滞を起こしているのをよく見かけたことがあると思います。

 

会話が被ってしまうとキャッチボールのリズムが崩れてしまいため、結果として面接官から「しっくり来なかった」という印象を与えてしまいます。

そんな印象を持たれないためにも、「間の取り方」を意識するように心がけてみましょう。

④:コミュニケーションの分析

友だち数人と話をしている時に、誰に話かけているかハッキリしない人っていますよね?

受け手からすると、誰に話かけているのか分からない時ってついついスルーしたりしがちで、結果として会話が途切れてしまったりってよくあるんです。

「◯◯さん、このあいだ~」といったように、話始めに会話を投げかける相手の名前をきちんと呼ぶのって、コミュニケーション上手な人がやっているテクニックなんです。

 

面接官の名前まで呼ばなくてもいいですが、面接の時はしっかりと会話をする面接官を見て話をしましょう。

あなたが話始めるとき相手の面接官1人一人を見て、そこから会話のボールを投げたい相手に向かって視線を合わせてから話すことが大事です。

面接官が3人いた場合、目線が定まらずに話ながらキョロキョロしてる人ってけっこういるんですよね。

話し方やたたずまいも重要ですが、「今あなたに話かけてるんですよ!」というのを明確にする目線も、コミュニケーションにおいて重要な要素なので覚えておきましょう。

⑤:自治体(職種)の分析

公務員試験の面接でたまに聞かれる質問なのですが、準備しておかなければ答えられない質問というのがあります。

具体的には以下です。

 

  1. 知事・市長のフルネーム
  2. 自治体の人口
  3. 職員の数
  4. 国際友好都市
  5. 主な生産物
  6. 主な観光地
  7. 市役所の場合は区の数

 

自治体によっては変化球ともいえるこれらの質問をしてくることもあるので、準備をしてない人は慌てふためくかもしれません。

ちなみに、私が受けた自治体ですが、「市の人口」と「区の数」を聞かれたことがありました。

私は事前にそういった質問もされる可能性があるという情報を知っていたので答えることができましたが・・・準備をしていないとなかなか難しいですよね。

もし準備していなかったら突然想定外の質問をされた事でパニックになり、それ以降の質問にも影響が出ていたかもしれません。

そのような状況を避けるためにも、最低限上記の自治体についての分析は行なっておきましょう。

 

ちなみに、他にも困るのが「最後に何か質問がありますか?」という質問ですが、それについては以下の記事で解説していますので合わせて読んでみてくださいね。

どうしても面接に合格したい方へ


結論から言いますと、「公務員専門学校を利用して面接対策をしましょう!」です。

 

面接対策はそう簡単に独学で対策できるものではありません。

とくに自分で何が悪かったか自覚がない、むしろ自分の面接の出来は良かったはずと勘違いしている場合は、今後面接対策の改善が見込める可能性は低いです。

なので「やっぱり独学では無理」「もうこれ以上面接で落とされたくない」という方は、確実に合格するために公務員専門学校のプロの講師の手を借りましょう。

 

「でも公務員専門学校に行ったくらいでそんな簡単にいかないでしょ?」と思われた方もいるかもですが、安心してください。

公務員専門学校を利用すれば、かなり質の高い面接対策をしてくれます。

とくに生講義のスクールでは本番さながらの模擬面接を何度も行ってくれます。

 

ちなみに、あなたの合格を請け負ってくれる信頼のおける公務員専門学校については、以下の記事で解説していますので合わせて読んでみてくださいね。

まとめ

  1. 自己分析
  2. ビジネスマナーの分析
  3. 間の取り方の分析
  4. コミュニケーションの分析
  5. 自治体(職種)の分析

面接試験に合格するために、分析すべきことをまとめてみました。

 

面接で落とされやすい人は、分析力が足りないといえます。

そのため面接で落とされないようにするためには、上記5つをしっかりと分析することが重要です。

 

また、コミュニケーション能力と聞くと苦手意識がある人が多いですが、コミュ力というのは生まれ持ったものではありませんし、面接に合格する程度のコミュ力であれば誰でも身に着けることができるので安心してください。

ナンパの話術に比べたら圧倒的に難易度は低いですからね。

なので、面接試験への不安は公務員専門学校を利用して、長年のノウハウを持った講師に教われば解決できます。

絶対に公務員になりたい方こそ、公務員専門学校を利用してみましょう。

 

社会人から公務員へ転職する方へ

合格する人がみんなやってる自己分析

絶対に失敗しない公務員専門学校の選び方