面接

公務員試験の面接での最重要スキルは、コミュニケーション能力よりも営業力が重要です

公務員試験の面接で必要なスキルは?と聞かれて、ほとんどの人が「コミュニケーション能力」と答えると思います。

面接試験は終始会話なので、コミュニケーション能力はたしかに重要ですが、実はそれ以上に必要なスキルがあるんです。

結論から言うと、「営業力」です。

 

本文では、

面接試験において最重要スキルは「営業力」

について解説しています。

 

ご存知かもですが、公務員試験は年々筆記よりも面接試験を重視するようになっています。

なので、面接試験で失敗したくない方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

 

面接での定番の質問集と、実際に使える回答を掲載!

まず始めに、【公務員試験の面接対策】定番の質問と、そのまま使えるパーフェクトな回答例はこれだ!についてご紹介させてください。

 

【公務員試験の面接対策】定番の質問と、そのまま使えるパーフェクトな回答例はこれだ!は、面接対策をマスターし、受験したすべての公務員試験を合格した私が執筆したnoteです。

回答例だけでなく、面接官が質問によって何をチェックしているかについても書いてありますので、簡単に有益な情報を手に入れることが出来ます!

 

なぜオススメするかと言うと、これ1冊だけで「定番の質問内容」「回答例」「面接官が質問により何をチェックしているか」といった、非常に有益な情報が載っているからです。

面接に自信がある人には勧めませんが、苦手意識がある人や面接試験で絶対に失敗したくない人には絶対に読んでもらいたい内容になっています!

しつこいかもですが公務員になりたいなら、ぶっちゃけ読まないだけ損!

 

ただ1つだけ注意点があるのですが、それは「絶対に公務員になりたい人向け」ということ。

合計15000文字以上のガチすぎる内容になっているので、真剣な人にだけ読んでほしいと思っています。

絶対に公務員になりたい!面接試験を突破したい!という方は、ぜひ自己投資として以下のnoteを読んでみてくださいね!

面接での定番質問や、面接官の心理を知りたいならオススメ。

ガチ勢向けのボリュームになっているのでぜひ!

  • 定番の質問内容
  • 回答例
  • 面接官が質問により何をチェックしているか

面接試験において最重要スキルは「営業力」です


繰り返しになりますが、公務員試験は筆記試験よりも面接試験を重視するようになっています。

 

採用するなら成績が良い人よりも、人柄が良い受験者を採りたいという思いが自治体側にあります。

なので、自治体によっては筆記試験で5割程度の点数でも通過できる所もあるくらい。

なので、シンプルに倍率が上がり、面接試験を突破するのは年々難しくなる一方です。

ありきたりの回答をしても、合格できないのは当たり前

巷にはたくさんの面接ノウハウが出回っていますが・・・

全く知識を入れないよりは良いけど、ありきたりの回答ばかり準備していても、良い結果には繋がらないと思いますね。

というのも、面接試験は真面目な人ほど落とされる傾向があります。

 

なぜか?

それは、綺麗な練り込まれた回答ばかりで、人間味が見えないから。

 

たとえば長所を聞かれたときに「リーダーシップがある」と答える人が多いですが、そんなありきたりの回答は面接官からしたらウンザリなんです。

興味をひく内容ならまだしも、具体例は「部活やサークルでのエピソード」で、内容までテンプレ通り。

真面目な人は回答の準備度は高いのですが、そこに「相手が期待していること」が抜けているため、回答としては不十分なんです。

 

公務員試験の面接で重要なのは「熱意と人柄」を伝えることでして、誰もが簡単に真似できる当たり障りのない回答では面接官には響きません。

そして、「熱意と人柄」を伝えるのに必要なスキルが営業力でして、営業マンが物を売り込むのと同様に、面接官に「自分」という商品をいかに売り込むかが重要となってきます。

 

ちなみに、面接官にあなたの熱意と人柄を伝えることについては以下の記事で解説していますので、合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク




面接で重要なのは、面接官のニーズに応えられるかどうか


重要なのは面接官が求めている人材になれるかどうか。

面接官は新人に対して優秀さなどは求めてなく、要するにその自治体で働く熱量がどれだけあるかを見ています。

資格をたくさん持っている←どうでもいい

面接試験で、資格をたくさん持っていることをアピール材料にする人がいますが、わりとどうでもよかったりします。

 

公務員の仕事をするのに、資格が役に立つケースはほぼありません。
資格よりもコミュニケーション能力やマーケティングスキルの方が重宝されます。

 

上記の通りです。

いくら取得するのが難しい資格を持っていても、公務員の仕事では活かせる機会がほぼありません。

重要なのは相手が望んでいることを提案できるかどうかであり、資格の有無はどうでもいいんです。

 

ちなみに、公務員になった後も出世などの際に「資格は必要なし」なのですが、それについては以下の記事で解説しています。

スポンサーリンク




公務員試験の受験者は、コミュ力と一緒に営業力も身につけよう


面接のノウハウばかりに目がいくと、テンプレ人間になりやすい。

ノウハウを詰め込むのはぶっちゃけ楽だし、一見それが面接の正攻法のような気がしますからね。

しかし、回答に「あなた自身」を感じることが出来なければ落とされる可能性が高くなります。

 

面接で重要なのはコミュニケーション能力と言われるけど、面接試験において会話をするのは当たり前。
大事なのは、「自分」を売り込むこと。そして売り込むべきものは「あなたの熱意と人柄」です。

 

民間企業で働く技術者なら営業力はいらない。

なので、エンジニアを目指すなら技術や資格取得に励むべき。

しかし、公務員になりたいのなら、資格や優秀さよりも自分を売り込む「営業力」が必要です。

 

面接官に「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるかどうかが面接のカギです。

 

上記のことを頭に入れつつ、やたらリーダーシップや優秀さをアピールするのではなく、その自治体でどうしても働きたいという熱意を伝えましょう。

そして、公務員の仕事で最も必要である「チームワークが出来る人間であること」をPRすべきでしょう。

 

というわけで今回は以上となります。

面接試験のことを考えると不安だと思いますが、知識や事前に練った回答で武装するのではなく、あなたの魅力を存分に伝えられるようにしましょう。

 

営業力を身につけるには?

営業力を身につけるには、マーケティングを学ぶことで「自分を売り込むコツ」のヒントを得ることができます。

最後に、マーケティングを学ぶためのオススメの本を2冊だけ紹介しておきます。

興味ある方はぜひ一度読んでみてくださいね。

 

合格する人がみんなやってる自己分析

面接試験で困らない、100点満点の解答例はこれだ!

面接を完全にコントロールし、自分のペースにする方法