公務員になりたい

公務員試験に合格したいなら、履歴書の「顔写真」を全力で撮るべき

公務員試験でも履歴書を提出する自治体が多いですが、その中でもとくに重要なのが「顔写真」です。

人の印象はファーストコンタクトで決まるという言葉があるように、初対面は非常に大切です。

なので、公務員試験に合格したいなら写真にまで手を抜かずに全力で撮るべき。

 

本文では、

  • 履歴書で顔写真が大切な理由
  • 履歴書の写真を上手に撮る方法

について解説しています。

 

結論から言うと、手を抜かずに写真店でプロに撮ってもらいましょう。

そして、本記事では「NGな写真について」から、「オススメの写真店」まで紹介しています。

これから公務員試験を受験する方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

履歴書で顔写真が大切な理由

民間企業では顔の良し悪しで採用を決めるような会社もあるくらいですが、公務員でもそのようなことがあるのでしょうか?

公務員の場合、民間企業ほどあからさまなことは少ないですが、暗い表情の人はそれだけで落とされることもあります。

 

世知辛い話ですが、人は見た目がモノを言います。

なので、まずは面接における、顔の良いこと(メリット)と悪いこと(デメリット)についてまとめてみます。

 

  • 人柄が良さそう
  • 優しく、誠実そう
  • しっかりしてそうな感じがする
  • 暗く、陰湿な感じがする
  • 根に持ちそうな感じがする
  • コミュニケーション能力が低そう

 

このように、顔が良いか悪いかだけで、まだその人の本質が分からない状況でもこれだけの印象の差があることが分かります。

当然、第一印象がいいと「この人と一緒に働きたい」といったプラスの評価に結びつきますが、印象が悪いと、「なんか暗そうだから嫌だなぁ」と思われることも。

このように、履歴書に貼ってある写真一つだけで採用・不採用に影響しかねないので、公務員試験を有利に進める上で絶対に手を抜いてはいけないポイントなんです。

スポンサーリンク




履歴書の写真を上手に撮る方法

写真は写りが良いに越したことはありません。

「けどルックスが悪いと、どうやってもダメなんじゃないの・・・?」とネガティブに思う方もいるかもしれません。

たしかに整形でもしない限り、劇的にルックスが良くなることはありませんが、写真で印象を良くする撮り方はいくつもあります。

 

ちなみに、少しでも良い写真を撮りたいなら、以下のことを実践すべきです。

  1. 身だしなみを整える
  2. 写真店でプロに撮ってもらう
  3. 表情に気を配る

①:身だしなみを整える

デートをする時って髪型や服装に気を配りますよね?

そのときと同じくらいの気持ちの入れようで、履歴書に貼る写真を撮りましょう。

 

髪型について

人の印象は髪型一つで大きく変わりますので、注意が必要です。

 

前髪は基本的に分けるか、サイドに流すかして、おでこが見えるようにしましょう。

不思議なもので特に男性の場合、おでこを見せるかどうかで顔の印象がずいぶん変わるんです。

前髪が眉や目にかかっていると、それだけで「暗そう」とか「陰湿そう」といった感じに見えてしまうので絶対にNG。

女性の場合は髪がスーツにかからないように後ろで結ぶ、もしくは後ろに流しておきましょう。

 

服装について

履歴書に貼る写真はスーツ一択です。

 

ビジネスマナーとして、男女ともに履歴書に貼る写真はスーツ姿で撮影しましょう。

これは言うまでもないかもですが、スーツの色は黒か紺の無地で、シャツは白色で、ネクタイは濃い青系のストライプとかが無難ですね。

青は爽やかな印象を与えるため、清潔感を前面に押し出したいなら青のネクタイを、そして活発な印象を与えたいなら赤系のネクタイを選ぶのもOK。

 

ちなみに、公務員試験の髪型や服装については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

メイクについて

女性のメイクは、ナチュラルメイクを心がけましょう。

 

イメージすべきは女子アナウンサーですね。

また、黒目が大きいと眼がパッチリして明るい印象になりますので、出来ればディファイン系のコンタクトを使用することをオススメします。

というのも、なんだかんだ面接官は男性なので、明るい印象だったり可愛いと、単純に良いイメージになるもの。

なので、自分を可愛く清楚に見えるように自己プロデュースすることも、女性にとっては大切な戦略だと思います。

 

ちなみに、下記の記事で紹介するレンズゼロだと、処方箋が不要で、ネット最安値でコンタクトレンズを購入することができるのでオススメです。

②:写真店でプロに撮ってもらう

履歴書に貼る写真は、絶対に写真店で撮ってもらいましょう。

 

ちなみに、写真店で撮ってもらうメリットは以下の通りです。

  • 画質、発色が綺麗
  • 補正してもらえる
  • 姿勢や表情が良く撮れる

 

最近では撮った写真を補正(加工)してくれます。

具体的には、顔の血色を良くしてくれたり、シミやそばかすくらいなら簡単に消せるので、そのために化粧を濃くする必要も無くなります。

 

オススメの写真店はスタジオマリオ

写真店で撮ってもらうと言っても、どこに行けばいいのか分からない・・・という方にオススメなのが、カメラのキタムラが運営している「スタジオマリオ」です。

 

スタジオマリオはカメラのキタムラの店舗内にある写真スタジオで、料金もリーズナブルで自信を持ってオススメできます。

というのも、私も毎年家族写真をスタジオマリオで撮影し、その写真を利用して年賀状を作成しています。

子どもたちはドレスなどの衣装を着て撮影が出来るため、大喜びで撮ってもらっています。

 

ちなみに、スタジオマリオは全てのキタムラの店舗内にあるわけではないため、最寄りのスタジオマリオがどこにあるかをまずは公式ホームページで確認してみてください。

そして、写真撮影のネット予約をすれば、あとは店舗に行って撮影してもらうだけ。

公務員試験で「表情が暗い」という理由だけで落とされたくないなら、スタジオマリオで履歴書用の写真を撮ってもらいましょう。

▶︎印象を良くしたいなら、スタジオマリオで撮影してもらいましょう

▶︎スタジオマリオの公式サイトはこちら

③:表情に気を配る

スタジオで撮影してもらうと、服装や髪型、姿勢などをカメラマンがその都度直したりアドバイスしてくれます。

具体的には下記の通りですね。

 

  • 視線は真っ直ぐ向いているか
  • 自然な微笑み
  • 歯が見えていないか
  • アゴが上がり過ぎ or うつむき過ぎ

 

多くの人が履歴書用の写真は撮り慣れていないため、「履歴書用の表情」を作るのが下手なんです。

一方、写真店で撮影してもらうと上記のような指示をしてもらえるため、納得の写真が撮ってもらえます。

 

ちなみに、写真と同じくらい重要なのが面接カードでして、面接カードを記入するコツについては以下のnoteで解説していますので合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク




履歴書にNGな写真

履歴書に貼る写真でNGなのは以下の通り。

 

  • スピード写真
  • 画像が悪い写真
  • 表情が暗い写真

 

「安いから」という理由でスピード写真を利用する人がいますが・・・

表情が暗い写真しか撮れないのでやめましょう。

 

先ほど紹介した、写真店で撮ったもらう写真と比べるとその差は歴然でして、スピード写真だと「それなりの写真」しか撮れません。

なので、わずかなお金をケチらずに、必要経費だと思って履歴書用の写真はちゃんと写真店で撮ってもらいましょう。

繰り返しになりますが、スタジオマリオなら履歴書用の写真はリーズナブルに撮れますので、ぜひ活用してみてくださいね。

▶︎履歴書用の写真をキレイに、リーズナブルに撮りたいならスタジオマリオがおすすめ

▶︎スタジオマリオの公式サイトはこちら

まとめ

  1. 身だしなみを整える
  2. 写真店でプロに撮ってもらう
  3. 表情に気を配る

履歴書用に良い写真を撮る方法についてまとめてみました。

 

写真といえども適当に考えるのはNG。

というのも、写真一つで採用担当者に与える印象が大きく変わってきます。

そして、第一印象が悪いと、そこからプラスに持っていくのってなかなか至難の技だったりします。

なので、あなたがもし公務員試験でマイナスからスタートしたくないのであれば、履歴書に貼る写真は全力で撮りましょう。

そのためには写真店で撮ってもらうべきでして、中でもスタジオマリオは仕上がりのクオリティが高く、料金もリーズナブルなのでオススメです。

 

というわけで今回は以上になります。

公務員試験に合格するためにも、良い写真を撮って万全の履歴書を用意してくださいね。

▶︎履歴書用の写真は、スタジオマリオでキレイに撮影してもらいましょう

▶︎スタジオマリオの公式サイトはこちら

 

社会人から公務員へ転職する方へ

自分が公務員に向いているどうか知りたい方へ

合格する人がみんなやってる自己分析