政令指定都市シリーズ

【横浜市役所の採用試験まとめ】面接・論文全てをこなせる者のみ合格できる

横浜市役所の採用試験を受けようと思ってるんだけど、3次試験まであるから大変そう・・・

面接試験や論文試験のコツや対策法とかあれば教えてほしい。

それと、横浜市役所が採用したい人物像についても知りたい。

そんなあなたのために、横浜市役所の公務員採用試験について、どこよりも分かりやすく説明します。

 

本文では、

  • 横浜市役所の採用試験の流れ
  • 採用試験について
  • エントリーシートについて
  • 論文試験について
  • 採用試験の倍率
  • 横浜市役所の給料

について解説しています。

 

横浜市は3次試験まで行われ、最終合格までに面接が2度、そして論文試験も課せられるのが特徴です。

そのような厳しい試験を通して、自治体サイドとしては「とにかく優秀な人が欲しい」という思いがあることが分かります。

横浜市役所を志望する方のために、採用試験について分かりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本記事は、令和元年度の採用試験情報を元にまとめています。試験概要に変更があればその都度更新しますが、横浜市の採用試験を受けられる方は必ず最新の横浜市役所採用情報を確認ください。

横浜市役所の採用試験の流れ

横浜市役所の採用試験の申し込みから最終合格までの流れは以下の通りです。

  1. エントリーシートの提出
  2. 1次試験実施 & 1次試験合格者発表
  3. 2次試験実施 & 2次試験合格者発表
  4. 3次試験実施 & 最終合格者発表

①:エントリーシートの提出

横浜市役所の採用試験を受けるには、まずはエントリーシートに必要事項を記入して提出しなければいけません。

エントリーシートとは面接の参考資料として使用されるので、いわゆる「面接カード」と同じものですね。

ちなみに、エントリーシートに書く必要事項は下記の通りです。

 

  • 学歴、職歴
  • 資格、免許
  • 性格(長所と短所)
  • 志望動機
  • 今まで力を入れて取り組んできたこと

 

後ほど解説しますが、面接を有利に進めれるかどうかはエントリーシートの出来次第なので、全力で取り組みましょう。

②:1次試験実施 & 1次試験合格者発表

横浜市役所では1次試験は筆記試験のみで、その他の政令指定都市のように1次では面接試験は行われません。

なので、1次試験は完全に学力のみの競争ということになります。

そして、日程はいわゆる「A日程」でして、6月の第4日曜日に行われます。

ちなみに、令和2年の採用試験は以下の日時で開催予定となっております。

 

試験 日程
1次試験 6月28日(日)
2次試験 7月中旬
3次試験 8月上旬~8月中旬
最終合格発表 8月下旬

 

③:2次試験実施 & 2次試験合格者発表

横浜市役所は、2次試験では面談試験と論文試験が行われます。

最終合格までに2度の面接試験を行うことから、横浜市役所は「人柄や熱意を十分に見極めてから採用したい」という思いがあること分かります。

また、論文試験を行うことで「自治体と同じビジョンの受験者を採用したい」という狙いもあります。

面接での受け答えや、あなたのビジネスマナーを見ることにより「自治体に貢献してくれる人材かどうか」を品定めされることになります。

 

面談試験と面接試験はどう違うの?

面談と面接ってどう違うの?ですが、ざっくり言うと面談の方が面接試験よりも形式ばってない感じと言えます。

とはいえ、面接官のざっくばらん感に流されて敬語が疎かになった・・・なんて失敗談はよく聞きますので、面談といえども気を抜かずに臨むことが大事です。

④:3次試験実施 & 最終合格者発表

横浜市役所は3次試験が最終でして、面接試験が行われます。

大半の政令指定都市では2次試験までですが、横浜市役所は3次試験まで行われるため、合格への道のりは険しくなっています。

スポンサーリンク




横浜市役所の採用試験について

令和元年度採用試験の「採用予定人員」と「募集職種」は以下の通りです。

事務 270名程度
社会福祉 80名程度
心理 10名程度
情報処理 数名
土木 70名程度
建築 15名程度
機械 10名程度
電気 10名程度
農業 数名
造園 数名
環境 数名
衛生監視員 15名程度
保健師 25名程度
消防(一般) 50名
消防(専門) 数名
消防(救急救命士) 20名程度
学校事務 20名程度

 

1次試験【610点】

  • 教養試験(2時間50分):60問【610点】

2次試験【300点】

  • 面談試験【200点】
  • 論文試験(1時間)【100点】

3次試験【660点】

  • 面接試験【600点】

※1次試験の得点から15点、2次試験の面接30点・論文15点が加えられる

 

横浜市役所の特色は1次試験に面接がないこと、そして筆記試験で専門試験が出題されないところです。

また、2次で論文試験が行われるところですね。

論文試験とは、与えられたテーマにしたがって作文を書く試験のことで、政令指定都市のような受験者の多い自治体では、2次試験で行われることが多い傾向です。

狼くん
狼くん
論文試験なんて、どう書けばいいか分からないんだけど・・・
赤ずきんくん
赤ずきんくん
大丈夫!論文には書き方のコツがあるんだよ!

 

▶︎どんなテーマでもサクサク書ける、論文のテンプレートを知りたい方へ

▶︎公務員試験の論文の正しい書き方【これさえ読めば論文は怖くない】

スポンサーリンク




横浜市役所のエントリーシートについて

横浜市役所ではエントリーシートと呼ばれるものを提出することになりますが、エントリーシートが何に使われるかご存知ですか?

結論から言いますと、エントリーシートは面接試験の質問の材料にされます。

どういったことかと言いますと、エントリーシートに書かれた内容を元に面接官は質問して来るのですが、そこに書かれた内容を1歩、2歩踏み込んだことを聞いてきます。

なので、横浜市役所の採用試験の合格のカギは面接でして、それにはエントリーシートを万全の状態に仕上げる必要があります。

 

エントリーシートの書き方

エントリーシート(面接カード)と聞くと、「ただ質問に答える形で書けばいいんでしょ?」と、甘く見る人が多いのですが・・・

それだと間違いなく面接試験で落とされることになります。

結論から言うと、「面接をコントロールするように書くこと」が合格へのカギとなります。

 

ちなみに、面接試験をコントロール出来るように面接カードを書く方法については、以下のnoteで解説しています。

「面接をコントロールするように面接カードを書く方法なんて分からない・・・」という方はワンコインですので、ぜひ以下のnoteを参考にしてみてくださいね。

▶︎面接試験をコントロールするには、エントリーシートを万全に仕上げるべき

▶︎公務員試験に合格したいなら、人事担当者にとって都合のいい面接カードを書くべき

横浜市役所の論文試験について

論文試験があるとなると、「作文が苦手だからどうしよう」とか、「書き慣れてないから何を書けばいいか分からない」というように考える方も多いかもですが・・・

実は、公務員試験の論文には書き方のコツがあって、それさえ把握しておけば何も怖くありません。

むしろ、何を聞かれるか分からない面接試験よりも、圧倒的に準備がしやすいんです。

なので、横浜市役所の採用試験のポイントは論文試験で失敗しないことでして、そのために試験本番までに論文の書き方を知っておきましょう。

 

公務員試験で論文を行う意図とは?

論文試験と聞くと、「文章の流れが分からない」といったように苦手意識が強い人が多いのが事実。

では、なぜ自治体サイドが多くの受験者が苦手意識のある論文試験を行うかというと、理由は以下の通りです。

 

自治体と同じビジョンを持っている人を採用したいから。

 

論文試験で与えられるテーマは、その自治体のビジョンについてだったり、抱える問題だったりします。

その与えられたテーマについてのあなたの考えが、自治体サイドの思いと似たものであればOKというわけです。

それと、論文試験を通じて自分の考えを整理して文章にまとめるスキルを見られています。

 

公務員試験の論文の書き方

論文は論理的な文章を書けばいいのですが、文章を書き慣れていない人にとっては難易度の高いことだと思います。

しかし心配は要りません。

結論から言いますと公務員試験の論文の書き方にはテンプレートがありまして、その雛形に合わせて書けば、どのようなテーマであれどんどん筆が進んでいきます。

 

ちなみに、論文をサクサク書けるようになるテンプレートについては、以下のnoteで解説しています。

「論文なんてどうやって書いたらいいか分からない・・・」という方は、ぜひ以下のnoteを参考にしてみてくださいね。

▶︎どんなテーマでもサクサク書ける、論文のテンプレートを知りたい方へ

▶︎公務員試験の論文の正しい書き方【これさえ読めば論文は怖くない】

横浜市役所の採用試験の倍率

令和元年度の採用試験の結果は、以下の通りです。

試験区分 申込者 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
事務 2053 1635 1262 834 391 4.2
社会福祉 200 166 159 99 1.7
心理 46 34 32 13 2.6
情報処理 15 13 10 4 3.3
土木 132 93 89 46 2.0
建築 59 45 43 31 1.5
機械 17 13 12 5 2.6
電気 27 19 17 9 2.1
農業 23 17 10 4 4.3
造園 38 28 17 7 4.0
環境 52 33 22 9 3.7
衛生監視員 89 70 42 18 3.9
保健師 114 100 84 41 2.4
消防(一般) 687 581 203 110 5.3
消防(専門) 5 2 1 1 2.0
消防(救急救命士) 180 160 87 55 2.9
学校事務 133 104 47 22 4.7

 

行政職の全国平均は7倍くらいなので、横浜市の事務(行政事務)は4.2倍ということから、全国平均よりも倍率は低めですね。

 

ちなみに、令和元年よりも前の採用試験結果のデータが見たい方は、下記の記事で掲載しています。

横浜市役所の給料・ボーナスその他まとめ

横浜市役所職員(行政職)の給料やボーナスといった各種データは以下の通りです。

平均年齢 40.5歳
平均年収 691万4288円
平均月額基本給 31万3469円
平均総支給給料(月額) 42万2049円
ボーナス 184万9700円
退職金(60歳定年) 2260万円

 

ちなみに、地方公務員の給料やボーナスなどのより細かい情報は、以下の記事で紹介しています。

さいごに

横浜市役所の採用試験情報についてまとめてみました。

 

記事内でも解説しましたが、横浜市役所は論文試験が実施されます。

作文が苦手な方ほど「論文とかどうやって書けばいいかサッパリ分からない」と思うかもですが・・・実はそれほど思い悩む必要はありません。

繰り返しになりますが、論文には書き方のコツというかテンプレートがありますので、それに従って書けばテーマがどんなものであれスラスラ書けるようになります。

 

そして、千葉市役所が採用したい人物像についてですが、「論文試験や面接試験の配点が高い」ということから「人柄重視で採用したがっている」ということが言えます。

なので、面接官は面接や論文試験を通して、受験者の熱意や人柄の品定めをより一層強めてくることになります。

もしあなたが「絶対に横浜市役所に合格したい」という思いがあるなら、以下の2点を実践してみてください。

1つは面接で自己PRや長所といった、「あなたを売り込むための質問」が来たときのために、自己分析をしっかり行っておくこと。

そしてもう1つは、論文の書き方のコツを学んでおくことです。

 

自己分析をする方法

結論から言いますと、グッドポイント診断を試験本番までにしておきましょう。

グッドポイント診断とは、リクナビNEXTが無料で提供している自己診断ツールでして、簡単な質問に答えていくだけで、あなたが自分でも気づいていなかった性格を言い当ててくれます。

自己分析で有名なのはストレングスファインダーですが、唯一の弱点がありまして、それは有料であること。

一方、グッドポイント診断なら誰でも無料で出来ますし、その診断結果はとても無料とは思えないほどの充実ぶりなんです。

 

公務員試験の面接で、面接官が長所を聞く意図は「あなたの分析力」を図ること。

それと、「あなたにどんな強みがあって、それを活かしてどう自治体に貢献してくれるか」を確認するためです。

まず第一に「分析が出来ていない=自分のことが見えていない」ということなので、そういう人は控えめにいって公務員には向いていないですよね。

そのように、「公務員に向いていない」という烙印を押されないためにも、自己分析だけはしっかりとしておくべきなんです、

 

また、診断結果で得た長所は志望動機と絡めて話すことで、「横浜市で働きたい熱意」に根拠を持たらすことができます。

以上のことから、公務員試験において長所を把握しておくことは大変重要ですので、試験で落とされたくないならグッドポイント診断だけは絶対にしておきましょう。

▶︎自分の強みを把握しておきたいなら、グッドポイント診断をしておきましょう

▶︎無料で出来るグッドポイント診断はこちらから

 

面接をコントロールする面接カードの書き方

誰でも論文がスラスラ書けるようになる方法

①&②セット販売