消防士シリーズ PR

【東京消防庁の採用試験まとめ】日本一受験者の多い試験で勝ち残るテクニック

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

東京消防庁の採用試験に合格して、消防士になりたいけど・・・。

 

お悩みさん
お悩みさん
・競争率が高そうだから無理かも・・・

・面接ってどんなことを質問されるんだろう?

・面接や体力試験のコツとか秘訣があれば教えてほしい

 

このような悩みや疑問でいっぱいだと思います。

そんなあなたのために、

 

本文では、

  • 東京消防庁の試験日程
  • 求める人物像
  • 試験に強い、オススメの公務員予備校
  • 採用試験について
  • 論文試験について
  • 面接試験について
  • 集団討論について
  • 適性検査について
  • 体力検査について
  • 採用試験の倍率
  • 東京都の公務員の給料・ボーナス・初任給など

について解説しています。

 

東京消防庁を志望する方のために、採用試験について分かりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本記事は、令和5年度の採用試験情報を元にまとめています。試験概要に変更があればその都度更新しますが、東京消防庁の採用試験を受けられる方は必ず最新の東京消防庁採用情報を確認ください。

面接でそのまま使える!頻出の質問と模範回答

消防士の論文・作文試験はこれでもう怖くない!

東京消防庁の採用試験の流れ

採用試験の申し込みから最終合格までの流れは以下の通りです。

  1. 受験申し込み
  2. 1次試験実施 & 1次試験合格者発表
  3. 2次試験実施 & 最終合格者発表

東京消防庁:試験の日程

令和6年度の採用試験は以下の日時で開催予定です。

 

専門系 5月12日(日)
消防官(Ⅰ類) 1回目 5月12日(日)
消防官(Ⅰ類) 2回目 9月15日(日)
消防官(Ⅲ類) 9月15日(日)
Ⅰ類事務 4月21日(日)
Ⅰ類技術 4月21日(日)
Ⅲ類事務・技術 9月8日(日)
Ⅲ類事務(障がい者対象) 9月8日(日)
自動車整備 7月27日(土)

 

東京消防庁が職員に望む人物像

最終合格までのさまざまな試験を通じて、東京消防庁は以下のような人を採用したい思いがあります。

 

  1. 使命感と責任感がある人
  2. 周りと協力し、コミュニケーションがとれる人
  3. チャレンジ精神に溢れ、自ら行動できる人

 

要約すると上記ですが、もう少しかみ砕いて説明すると次の通りです。

 

地域への強い帰属心と奉仕精神:消防士は東京都の安全を担い、市民の生命と財産を守る使命を担います。地域への強い帰属心と奉仕精神を持ち、その責任を真摯に果たすことが求められます。

チームワークと協力:消防士はチームでの活動が中心です。他の隊員と協力し、効果的なチームワークを発揮することが重要です。災害時にはチーム全体が連携して迅速かつ的確な対応を行います。

冷静な判断力:緊急事態では冷静さを保ち、迅速で的確な判断を行う能力が求められます。変動する状況に対応し、適切な行動を取ることが必要です。

高いストレス耐性と体力:消防士の仕事は過酷な場面が多く含まれます。高いストレス耐性と十分な体力を持ち、長時間の勤務や激しい体力を要する状況にも耐えることが求められます。

地域社会との緊密な連携:地域住民との信頼関係を築き、地域全体の安全を確保することが重要です。市民とのコミュニケーションを通じて地域のニーズを理解し、積極的に協力していく姿勢が求められます。

 

主に面接での発言や振る舞いを見て、上記に当てはまる人材かどうかをチェックされます。

東京消防庁の採用試験に強い公務員予備校

東京消防庁の採用試験は言うまでもなく厳しい試験になります。

合格するには他の受験生よりも1歩も2歩もリードしなければならないのですが、その時に大きな力になってくれるのが「公務員予備校」です。

独学で合格できる人もいますが、お金をかけて確実性を買うのは効率が良く、賢い選択だと思いますね。

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、東京消防庁の採用試験に強い公務員予備校は以下の記事で紹介していますので、併せて読んでみてくださいね!

東京消防庁の採用試験について

「採用人数」と「募集職種」は以下の通りです。

令和6年度

消防官

専門系 10名
Ⅰ類(1回目)【教養】 250名
Ⅰ類(1回目)【SPI3】 100名
Ⅰ類(2回目) 100名
Ⅲ類 310名

 

一般職員

Ⅰ類事務 4名
Ⅰ類土木 1名
Ⅰ類建築 1名
Ⅰ類機械 1名
Ⅰ類電気 1名
Ⅲ類事務 3名
Ⅲ類建築 1名
Ⅲ類事務(障がい者対象) 1名
自動車整備 3名

 

令和5年度

消防官

専門系 10名
Ⅰ類(1回目) 310名
Ⅰ類(2回目) 140名
Ⅲ類 180名

 

一般職員

Ⅰ類事務 10名
Ⅰ類土木 1名
Ⅰ類電気 1名
Ⅲ類事務 3名
Ⅲ類事務(障がい者対象) 1名
自動車整備 5名

 

令和4年度

消防官

専門系 10名
Ⅰ類(1回目) 230名
Ⅰ類(2回目) 50名
Ⅱ類 50名
Ⅲ類 180名

 

一般職員

Ⅰ類事務 3名
Ⅰ類建築 2名
Ⅰ類電気 2名
Ⅲ類事務 2名
Ⅲ類事務(障がい者対象) 1名
自動車整備 1名

 

令和3年度

消防官

専門系 10名
Ⅰ類 310名
Ⅱ類 100名
Ⅲ類 220名

 

一般職員

Ⅰ類事務 2名
Ⅲ類事務 2名
Ⅲ類事務(障がい者対象) 1名
自動車整備 1名

 

令和2年度

消防官

専門系 10名
Ⅰ類 110名
Ⅱ類 40名
Ⅲ類 80名

 

一般職員

Ⅰ類事務 1名
Ⅲ類事務 1名
Ⅲ類事務(障がい者対象) 1名
自動車整備 1名

 

試験内容

消防官(Ⅰ類・Ⅱ類・Ⅲ類)

  1. 1次試験:教養試験・論文(作文)試験・適性検査
  2. 2次試験:個人面接・体力検査

消防官(専門系)

  1. 1次試験:教養試験・専門試験・論文試験
  2. 2次試験:個人面接・集団討論・体力検査・適性検査

Ⅰ類(事務・技術職)

  1. 1次試験:教養試験・専門試験・適性検査・論文試験
  2. 2次試験:個別面接

Ⅲ類事務

  1. 1次試験:教養試験・作文試験・適性検査
  2. 2次試験:個別面接

Ⅲ類事務(障がい者を対象)

  1. 1次試験:教養試験・作文試験
  2. 2次試験:個別面接

 

面接試験や作文試験では、人柄や公務員にふさわしい人材かどうかを十分にチェックされます。

特に重視されるのが面接試験なのですが、面接対策で第一にやるべきことは「過去にどんな質問をされたのか」を知ること。

 

というわけで突然ですがあなたに質問です!

消防士の採用試験でどのような質問がされるかご存知ですか?

面接試験を受けるにあたり絶対に過去問は頭に入れておくべきなのですが、もしどんな質問がされるのか分からずに不安を感じている方はぜひ以下の記事を読んでみてください。

赤ずきん
赤ずきん
ノウハウ本を買うことなく、消防士の採用試験で過去にされた質問100個を無料で知る方法を紹介しているよ!
スポンサーリンク




東京消防庁の論文試験について

論文(作文)試験があるとなると、「作文が苦手だからどうしよう」とか、「書き慣れてないから何を書けばいいか分からない」というように考える方も多いかもですが・・・

実は、公務員試験の論文には書き方のコツがあって、それさえ把握しておけば何も怖くありません。

むしろ、何を聞かれるか分からない面接試験よりも、圧倒的に準備がしやすいんです。

なので、東京消防庁の採用試験のポイントは論文試験で失敗しないことでして、そのために試験本番までに論文の書き方を知っておきましょう。

なぜ、論文試験が実施されるの?

論文試験と聞くと、「文章の流れが分からない」といったように苦手意識が強い人が多いのが事実。

では、なぜ東京消防庁サイドが多くの受験者が苦手意識のある論文試験を行うかというと、理由は以下の通りです。

 

自治体と同じビジョンを持っている人を採用したいから。

 

論文試験で与えられるテーマは、その自治体のビジョンについてだったり、抱える問題だったりします。

その与えられたテーマについてのあなたの考えが、自治体サイドの思いと似たものであればOKというわけです。

それと、論文試験を通じて自分の考えを整理して文章にまとめるスキルを見られています。

覚えるだけでスラスラ書ける!最強の論文・作文模範例文

論文は論理的な文章を書けばいいのですが、文章を書き慣れていない人にとっては難易度の高いことだと思います。

しかし心配は要りません。

結論から言いますと公務員試験の論文・作文は模範例文をある程度頭に入れておけば誰でも簡単にスラスラ書けるようになります!

模範例文のフレーズをそのまま使えるので、似たテーマが出題されたらどんどん筆が進んでいきます。

 

ちなみに、論文・作文をサクサク書けるようになる模範例文と、消防士の論文・作文で頻出でこれからも出題が予想される30個のテーマについては、以下のnoteで解説・紹介しています。

赤ずきん
赤ずきん
「論文なんてどうやって書いたらいいか分からない・・・」という方は、ぜひ以下のnoteを参考にしてみてくださいね!

東京消防庁の面接カードについて

多くの自治体では面接試験の質問材料にするために、面接カードの記入が行われます。

試験当日までに書いておく自治体もあれば、試験当日に現地で書く自治体もあり、その提出時期はさまざま。

そしてご存知のように、公務員試験では筆記試験よりも面接試験に重きを置くようにシフトされています。

ということは、面接試験でより一層人物の品定めをされるということなので、ぶっちゃけ凄くシビアになります。

要するに、「面接試験でつまずく=不合格になる」でして、面接試験で失敗しないためのファーストステップは面接カードを万全に仕上げることになります。

知らなきゃヤバイ!よくある質問と面接カードの書き方

面接試験と聞くと、「質問に普通に答えていけばいいんでしょ?」と、甘く見る人が多いのですが・・・。

それだと間違いなく面接試験で落とされることになるので注意が必要!

私はこれまでに、「当たり障りのない回答ばかりで評価が低くなり試験で落とされた」という受験者を山ほど見てきました。

つまり、「面接官に自分を売り込める回答をしなければ、合格は難しい」ということです。

 

そんな東京消防庁の採用試験で合否を決めるといっても過言ではない面接試験ですが、

 

  • 東京消防庁の面接試験の傾向と対策
  • 東京消防庁でよく聞かれる質問
  • 面接での100点満点の回答

 

上記を知ることで、面接に苦手意識がある人でも有利に進めることが出来ます。

面接に自信がある人も苦手な人も、以下のnoteで東京消防庁の採用試験でそのまま使える面接攻略法のすべてを解説しているので、ぜひ合わせて読んでみてください!

赤ずきん
赤ずきん
「東京消防庁の面接試験で失敗したくない!」という方はぜひ読んでみてくださいね!

東京消防庁の集団討論について

東京消防庁では職種によって集団討論が行われます。

集団討論とは簡単な自己紹介のあとにテーマを与えられて、複数人の受験者が討論する形態の試験です。

ここを見られてる!?面接官が集団討論でチェックするものとは?

集団討論って多くの人があまり経験がないかと思います。

それもそのはず、集団討論を行う自治体はそれほど多くはありません。

では、なぜこのような珍しい形態の試験を行うのかと言うと、理由は以下の通りです。

 

他人の意見を聞きつつ、自分の意見も言える「調整力」があるかどうかを見るため。

 

集団討論はとにかく喋ればいい、と思っている人も多いですが・・・

そういうスタンスだと試験に落とされるので注意が必要です。

赤ずきん
赤ずきん
以下の記事で集団面接の心得的な話を解説しているから、参考にしてみてください!

東京消防庁の適性検査について

消防の適性検査は大きく分けて2タイプの試験があります。

 

  1. 簡単な質問に、「はい」「いいえ」で答えて性格や、適性を見抜く試験
  2. 図形の異同や、共通点を見つける試験

 

これまでの公務員試験では②を実施する自治体が多かったのですが、近年では「受験者の人柄や性格」を重視するようになっているので、①の適性検査(性格検査)を実施する自治体がほとんどです。

①の試験はあなたの性格や特性、そして「ウソをついているかどうか」を見抜くための試験なので、くれぐれも正直に、そして質問によって辻褄が合わないようにならぬよう注意してください。

舐めると痛い目を見る!適性検査は合否を左右する

近年では面接試験と同じくらいのレベルで適性検査を重視する傾向になっています。

つまり、適性検査をただのアンケートと捉えていると痛い目に合うので注意が必要です。

ちなみに、適性検査では基本的には以下のことを検査されることになります。

 

  • 消防士の仕事に向いているかどうか
  • 積極性や情緒が安定しているかどうか
  • 社会適応能力があるかどうか

 

単純な質問を100問以上答えていくことで上記について診断され、その結果を合否の判断材料にされます。

具体的には以下の感じです。

 

  • 人とのコミュニケーションで生じるストレス耐性
  • 難しい目標や課題に直面した時に生じるストレス耐性
  • 忙しいこと、時間や手間を有する作業等が発生した際のストレス耐性
  • 組織の決まりや職務上の制約で行動を制限された際にかかるストレス耐性
  • 仕事を最後までやり通すことができるかを見極める

 

消防士の適性検査で失敗したくない方、そして適性検査の攻略法が知りたい方はぜひ以下の記事を参考にしてみてくださいね。

東京消防庁の体力検査について

消防士の試験では体力検査が行われますが、「どんな種目があるの?」と、疑問に思いますよね。

ちなみに、東京消防庁の体力検査で実施される種目は次の通りです。

 

  1. 1km走
  2. 反復横とび
  3. 上体起こし
  4. 立ち幅とび
  5. 長座体前屈
  6. 握力
  7. 腕立て伏せ

 

さまざまな種目で体力をチェックされるのですが、どの種目でどれくらいの記録を出せばいいの?と気になると思いますが・・・

残念ながら東京消防庁では、各種目の基準値は公表されていません。

狼くん
狼くん
何も情報がないのか・・・不安だなぁ。。。

 

代わりにですが、警察官の試験では多くの自治体で以下の数字が基準値とされています。

 

男性 女性
握力 37kg以上 21kg以上
上体起こし(30秒) 12回以上 5回以上
反復横跳び 31回以上 27回以上
20mシャトルラン 18回以上 10回以上
立ち幅跳び 162cm以上 113cm以上
長座体前屈 27cm以上 31cm以上

 

警察官の基準値なので、消防士とは違うかもですが、一応参考にしてみてくださいね。

赤ずきん
赤ずきん
体力試験の記録を伸ばすコツについては以下の記事で紹介しているよ!

東京消防庁の採用試験の倍率

採用試験の結果は、以下の通りです。

令和5年度

消防官

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
専門系 15 13 9 1.7
Ⅰ類(1回目) 2473 1295 790 3.1
Ⅰ類(2回目) 1254 328 163 7.7
Ⅱ類 未実施
Ⅲ類 2594 817 314 8.3

 

事務職員

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
Ⅰ類事務 41 38 13 3.2
Ⅰ類建築 0
Ⅰ類電気 1 1 0
Ⅲ類事務 70 22 4 17.5
Ⅲ類事務(障がい者) 8 3 1 8.0
自動車整備 11 11 6 1.8

 

令和4年度

消防官

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
専門系 27 13 4 6.8
Ⅰ類(1回目) 3356 1067 364 9.2
Ⅰ類(2回目) 1252 379 187 6.7
Ⅱ類 1032 598 292 3.5
Ⅲ類 8409 3233 1275 6.6

 

令和3年度

消防官

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
専門系 60 35 8 7.5
Ⅰ類(1回目) 2835 1211 395 7.2
Ⅰ類(2回目) 未実施
Ⅱ類 1861 295 102 18.2
Ⅲ類 4678 883 231 20.3

 

事務職員

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
Ⅰ類事務 49 25 11 4.5
Ⅲ類事務 95 30 14 6.8
Ⅲ類事務(障がい者) 11 4 2 5.5
自動車整備 9 5 1 9.0

 

令和2年度

消防官

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
専門系 34 25 4 8.5
Ⅰ類(1回目) 2976 819 437 6.8
Ⅰ類(2回目) 747 449 118 6.3
Ⅱ類 1730 651 262 6.6
Ⅲ類 4005 966 522 7.7

 

事務職員

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
Ⅰ類事務 40 26 11 3.6
Ⅲ類事務 70 28 11 6.4
Ⅲ類事務(障がい者) 6 3 0
自動車整備 6 6 2 3.0

 

令和元年度

消防官

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
専門系 68 28 8 8.5
Ⅰ類(1回目) 3861 1257 441 8.8
Ⅰ類(2回目) 1287 252 76 16.9
Ⅱ類 1538 458 150 10.3
Ⅲ類 5723 937 209 14.4

 

事務職員

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
Ⅰ類事務 47 23 2 23.5
Ⅲ類事務 51 35 5 10.2
Ⅲ類事務(障がい者) 10 7 1 10.0
自動車整備 13 10 2 6.5

 

日本で最も受験者の多い消防士の試験だけあって、競争率は高く、合格へのハードルは高いことが分かります。

東京都の公務員の給料・ボーナスその他まとめ

東京都の公務員の給料やボーナスといった各種データは以下の通りです。

 

平均年齢 41.7歳
平均年収 721万292円
平均月額基本給 31万4500円
平均総支給給料(月額) 44万8766円
ボーナス 182万5100円
退職金(60歳定年) 2236万3000円

 

東京消防庁の初任給は?

東京消防庁の初任給は次の通りです。

 

消防官

専門系 26万6800円
Ⅰ類 25万9300円
Ⅱ類 23万8900円
Ⅲ類 22万1800円

 

一般職員

Ⅰ類事務 22万6400円
Ⅲ類事務 18万700円
Ⅲ類事務(障がい者) 18万700円
自動車整備 18万700円

 

赤ずきん
赤ずきん
消防士の給料やボーナスなどの給料事情は、以下の記事でまとめてあるよ!

さいごに

東京消防庁の採用試験情報についてまとめてみました。

本記事ですでに紹介しましたが、東京消防庁が採用したい人物像は次の通りです。

 

  1. 使命感と責任感がある人
  2. 周りと協力し、コミュニケーションがとれる人
  3. チャレンジ精神に溢れ、自ら行動できる人

 

上記をチェックするために、面接や論文試験といった「あなたの内面をチェックする試験」に重きを置いています。

なので面接に自信が無い方ほど「面接での受け答えとかコミュ力ないからマジでヤバイ・・・」と思うかもですが、実はそれほど気負うことはありません。

繰り返しになりますが、私のnoteで紹介しているテクニックを用いて面接カードを書けば、ある程度面接官からの質問をコントロールすることが出来ます。

なので、コミュニケーションに自信がない人こそ、「試験を制する面接カードの書き方」を自己投資だと思って参考にしてみてくださいね!

面接でそのまま使える!頻出の質問と模範回答

消防士の論文・作文試験はこれでもう怖くない!

 

もしかすると、このページを読んでいるあなたは、公務員試験に不安を感じていたり、正しい方向に正しい努力をするやり方を知らないという状態かもしれません。

もしくは、過去に消防士の採用試験に挑戦してはみたけれど、試験本番で上手くいかなくてという挫折を繰り返してきたかもしれません。

ゼロから知識を身につけて、スキルを定着させ、さらにはコミュニケーションスキルを身につけたりというのは、ずいぶん険しい道だな・・・なんて思っていませんか?

もしかすると自分が消防士になるのなんて夢のまた夢なんじゃないか・・・

と思っていませんか?

 

そう思われる気持ちも分かります。

 

他でもない私自身がかつては公務員試験の学習を始めた際、高い競争率の試験を勝ち抜いて公務員になるには、すさまじい努力や才能が必要で、とんでもなく難しくて、ごくごく一部の才能と努力し続ける精神力を持った人だけが公務員になれるんだろうなぁ・・・

なんて勘違いしていました。

ですがご安心ください。

私は結果的に受験した公務員試験にすべて合格したのですが、それは私が特別優秀なわけではなく、「公務員試験に必要な情報」をしっかりと把握していたからです。

もちろん努力は必要ですが、2年、3年と長い時間をかける必要なんてないし、「必要な情報」をゲットしてからスタートラインに立つことが出来れば、その後の勉強の効率を大きく左右することになります。

さて、その「公務員試験を受ける前に必要な情報」は、公務員予備校の大手であるクレアールが発行している『公務員試験入門ハンドブック』を読めばすべて把握できてしまうんです!

このハンドブックただ一冊読めば、公務員試験の概要はもちろんのこと、

 

  1. 試験内容や科目、流れを詳しく学べる
  2. 公務員試験でやってはいけないNG集
  3. 合格者の方が受験に際して乗り越えられた体験談

 

上記のような貴重な情報を知ることができます。

ちなみに、『公務員試験入門ハンドブック』はクレアールの公式サイトから資料請求すれば誰でも無料でもらうことが出来ます!

たとえあなたが公務員試験の知識がゼロ、行動しても成功経験がないという「完全に真っ新な状態」であっても一歩ずつ、確実に知識を積み上げることができます。

ですので、『クレアールの公式サイト』を読んでいただき、このハンドブックが読むべき価値があると確信いただけたあなたにこそ手に取って欲しいと思います。

これだけのコンテンツを無料で手に入れることが出来るので、読まないことは損でしかありませんし、何より「あなたが公務員試験に合格するための第一歩」を確実に歩ませてくれる一冊になるはずです。

公務員試験の概要を知りたいなら公務員試験入門ハンドブックがオススメ!

資料請求はわずか2〜3分もあれば出来るのでぜひ!

  • 公務員試験の内容(科目など)
  • 公務員試験のスケジュール
  • 忙しい人が勉強時間を確保する方法

資料請求はクレアール公式サイトから

赤ずきん
赤ずきん
公式サイトで簡単な入力を済ませるだけでもらえるので、ぜひこの機会に手に入れてみましょう!

 

同じカテゴリーの記事はこちら